2004年09月

SUN. MON. TUE. WED. THU. FRI. SAT.







 
横浜



 
10 11
 横浜
12


13
14 15
16 17 18
19
 横浜

20


21 22 23
横浜

24 25
26


27

28 29
30



30
(木)
 コスモスの不思議。

 吹けば飛ぶような花びらなのに、風に散らない。
 満開までの桜や辛夷。
 これらは、満開前には、いかなる風にも強靭だが、満開後には、箍が外れたかのように、一気に散って行く。
 しかし、コスモスは、満開後もなぜか散らない。
 何故?
 草花の特性?
 まて。
 しかし、それほどに、コスモスは愛でる私達を喜ばせたい故か。
 いや。
 それで良い(笑)。

 今日のコスモス。
 一瞬の夏光に、
 「どうだ!」
 と。晒していた。
 いまさら秋に失礼だぞと夏日に諭してくれたのだ。
 そんなコスモスを見ると、まるで、散るまで散らないぞ!と叫ぶ、プロレスラー長州力をみちゃう(笑)。
 
 あは。
 
29
(水)
 台風は、その凄さゆえ、私の記憶に年毎に刻まれる。
 幼き頃は恐怖。
 少年になると、転じて、暴風雨の中でのジェットコースター的な喜び。
 ところが、青年になれば、なぜか静寂へと受け止め方が変わる。

 時を積み重ねた今では、それらの記憶が織り成す、ワクワク感に浸れる。
 都合の良い話ですが、自らに被害をおよばさない限り、台風を楽しんできた私(笑)。
 
 今日、21号が上陸模様。
 
 …やっぱりワクワク(笑)。
 でも、被害にあわれていらっしゃる方々にはゴメンね…。
 しかし、台風を喜ぶのは私の性分ですので、どうか、馬鹿な奴だとお許しください。
 はは(汗)。
 
28
(火)
 病み上がりのせいなのか今宵の天満月がやけに心に沁みる
 月は、中秋。名月の誉れ
 しかし彼岸花は無かったかのように散り
 秋は、けっきょく夏の後ろ足に蹴られっぱなし
 でも、コオロギ達は今が旬
 月を見ながらの大騒ぎ
 きっと、夏の馬鹿野郎と叫んでいるのに違いない
 私の体は、まだ充分では無いが、こんな夜では咽が酒を求めてしまふ(笑)
 しかたがない、ならば潤してあげよう
 と言うわけで、今宵は、月を肴に、コオロギをムードミュージックに、大いに一献(笑)

 ああ。今日の日を喜べる元気な体に治って良かった
 運否天賦の感慨

 と。なんだか、俺は芭蕉よりも李白を気取ってる?(爆笑)
 
27
(月)
 今朝の体温は36.8度。
 ホッ(笑)。
 どうやら治ってくれたようです。
 でも、久しぶりの風邪に、正直ビックリしちゃった。
 いったいどれくらいの汗を掻いた事だろう。
 そう。ビックリしたのは汗。
 寝るたびに、サウナに入ったような大汗。
 それほどに私の体は私の風邪と戦ってくれたのね。
 ありがとう私の体(笑)。
 おかげで、めでたく元気になる事ができました。
 今夜も、その私の体のためにおとなしく寝させていただきまぁ〜す。
 
 なんのこっちゃ?(笑)。
 
26
)
 最近の不摂生と、昨日の大酒で、今日は風邪を引いてしまいました(笑)。
 朝の体温は39度!
 今は、少し落ち着いて38度。
 体の節々が痛く、咽が腫れ、布団に寝れば、大汗を掻きっぱなし。
 シーツを3枚変え。下着も6枚も変える事に。
 ああ。今日はおとなしくしてよう。当たり前ですけど(笑)。
 ふぅ。
 
25
(土)
 相当飲み酔っ払ってしまいましたので、今夜はこれまで、おやすみなさぁ〜い。
24
(金)
 昨日は初めての方の施術日。
 実は、リピーターの方の先約がキャンセルとなってしまい、ポッカリと空いた午後を、どうしようかと思案していた時の午後の御予約でした。
 施術場所は、彼女のご自宅。
 聞いてビックリなのは、意外とお近くにお住まいだった事。
 で、運動がてら自転車で、伺わさせていただく事に(笑)。
 空は、ちょっと曇りがち。数時間後には雨が降りそうな雰囲気。
 でも、外気はサイクリングに適した湿度と気温。
 少し雨の心配をしながらの、大げさですが、意を決した彼女の家へのサイクリングとなりました。
 行きの所要時間は、地図を眺めながら、彼女からの電話の支持を受けながら、ウロウロと迷いながらの事でしたので、予想に反して1時間半強となってしまいました。
 でも、何とか彼女の家にたどり着けた時は、うれしかった(笑)。
 その、彼女の家の部屋にいた時間は、5時間弱。
 シャンパンを飲んだり、おしゃべりしたりを挟んでの施術でした。
 もちろん。その施術内容等は、彼女のプライバシー保護のために、その一切をお話できません。ご了承くださいませ。
 施術を終え。しかし、帰路のサイクリングの爽やかだった事(笑)。
 行きよりも30分も短い時間で帰って来れちゃった。はは。
 でも、その爽快感は彼女との出会いと施術の成功の証。

 ああ楽しく、かつ、充実した休日でした。
 エステをやっていて、本当に良かったと感じた一日でした。
 めでたし、めでたし…あ!なぁ〜んていっちゃうと、昨日キャンセルしたリピーターの方が嫉妬しちゃうかな?(笑)。
 だったら、後で謝りまぁ〜す。えへ。

 さて、今日は、そんな昨日の素晴らしい余韻が残る中での一日。
 たぶん、人知れず昨日の事を思い出し、ニヤニヤしていたような気がします(笑)。
 はは。
 でも、それも良し。
 
22
(水)
 あるホテルでのバイキングで、大きなチョリソを3本皿に盛る。
 しかし、一本食べたら飽きちゃった。
 後は食べらない。
 で、結局残す事に。
 馬鹿な私。
 ああゴメンねチョリソ君。残しちゃって…。
 お彼岸なのに、食べ物を粗末にしてしまった罰当たりな私。
 それにしても、どうして3本も食べられると思ったのだろう。
 美味しそうなのは確かだったのですが、いつもの私らしくない。
 残暑が私を狂わせたのか?(笑)。
 
21
(火)
 馴染みのリピーターの方より贈り物。
 サンキュー!
 晩に宅急便で送り届けられた、その彼女からの小包を開けると、ある有名な精力ドリンクが4ダース。
 中に入っていたメッセージには、夏ばてと、アソコの回復を祈るとのメッセージが(笑)。
 彼女らしいサプライズなプレゼント。
 はは。洒落が好きなお方(笑)。

 で、先ほど、さっそく一本飲まさせていただきました。
 明日の朝を期待してまぁ〜す。
 …て。でも、そう期待していても、目覚めた朝、隣に彼女が寝ているわけでもないし、私のいきり立った黄金バットは、結局、宝の持ち腐れになるのでは?(笑)。
 と。プレゼントをくれた彼女にお礼をかねてメールしたら、私を想像して抜いてとの事(笑)。
 そっ。そんな…(爆笑)。

 まっ。ともかく、明日の朝のお楽しみ。
 ビンビンだったら言われた通り、彼女を想像して抜かさせていただきます。
 プレゼントのお返しにね。
 はは(笑)。
 
20
)
 今日は、お買い物。
 あれこれ色々買っちゃった。
 しかし、それにしても、ホント楽しいよね、買い物って。
 でっ、でも、買いすぎちゃったかな?(笑)。
 予算を遥かにオーバーしちゃったし、何故こんなものを?!と言うものを、いっぱい買っちゃった(笑)。
 ああ。また、後悔…。
 でも、まっいいか。
 だって、楽しかったんだもん(笑)。
 ね。

 ケェ〜セラァ〜セラァ〜♪
 
19
)
 午後に、リピーターの方から、すぐに会いたいとのメールが。
 で、喜んで承る事に(汗)。
 彼女とは久しぶりの施術。
 しかし、ホテル内時間は2時間しか取れないとの事でしたので、残念ですがクイックエステの形をとらさせていただく事に。
 でも、内容はハードにとのリクエストでしたので、ホテルに入りしだい、彼女のリクエストに応えさせていただく事となりました。
 そのため、施術中は、二人とも息を切らせ、大汗を掻く事に(笑)。
 しかし、施術内容等は、彼女のプライバシー保護のために、そのいっさいをお話できません。ご了承くださいませ。

 施術は、約束通り2時間で終える事ができ、ホテルを出た後で、彼女から感謝と感激のお言葉をいただく事に。
 大満足(笑)。
 しかし、帰った今、そんな彼女からいただいたメールには、すぐにまた会いたいとの御言葉が(汗)。
 ゆえに、近々、また御会いする予定です(笑)。
 はは(汗)。

 それにしても陸上の50mダッシュを10本こなしたような激しいプレイでした。
 さすがに少し、疲れちゃった(笑)。
 でも、心地よい疲れ。
 このダイアリーをお読みいただけましたら、しかし、次はゆったりとしたプレイをしましょうね(笑)。
 ふぅ。
 
18
(土)
 私は、この世に優しい人などいないと思っているのかもしれません。
 なぜなら、この世が優しい人々で溢れていたのなら、たとへ人に優しくされたとしても、それを普通だと思うからです。
 私は、今日、ある人に優しくされました。
 そのおかげで、私は、自分がこの世に優しい人などいないと思っていた人間だったと気付かされたのです。
 その人は、どこの誰とも知らない、おそらく70過ぎであろう、腰の曲がった普通のおばあちゃん。
 最近の駅には、テロを警戒してか、ゴミ箱が少ない。
 今日、ある駅のプラットホームで、飲み干した500ミリリットルのペットボトルの捨て場を見つける事ができず、ウロウロとしていたら、その私の姿をジッと見ていた、そのおばあさんに。
 「にいさん。私が捨ててあげるよ。」
 と。声をかけられたのです。
 えっ?私は一瞬その言葉の意味を理解できませんでした。
 なぜ?
 しかし、そのおばあさんは、まるで友達に寄り添うように私に近づき、私の手から空ボトルをもぎ取ったではありませんか。
 えっ?
 私はビックリして、私より20センチ近く背の低い彼女の顔を見たら。
 「いいのいいの。私も捨て場に困っていたから、一緒に捨ててあげるよ。」
 と。笑うのでした。
 すると、彼女の乗る電車がプラットホームに入ってきた。
 彼女は、
 「にいさん。私はこっちだから、じゃお元気でね。」
 と言い。ニコニコしながら私に背を向け、ペットボトルをスッと手提げ袋に入れ、ゆっくりと混んでいる電車に乗り込んで行きました。
 ドアが閉まる前に、彼女の姿は人にまぎれ、見えなくなった。
 
 私は、今、感動しています。
 そして、おばあさんに、ありがとうの一言を言えなかった事を後悔しています。
 ありがとう。おばあさん…。
 
17
(金)
 終電で2駅乗り過ごしちゃった(笑)。
 おかげで部屋に帰ってくるのに1時間近く歩くはめに。
 トホホ。
 と言うわけで、ヘトヘトです…。

 んじゃ。お休みなさぁ〜〜い。
 グゥ…。

16
(木)
 今夜は遅い夕食。
 知り合いと焼肉屋へ。
 そこは小さな、しかし本格的な韓国料理店。
 おかげで、久しぶりに、骨付きカルビをハサミで切りながら食べられた。
 でも、飲んだお酒は、朝鮮人参酒と、何故かハブ酒と、スッポンの生き血入りウイスキー(笑)。
 店主に勧められるまま、おふざけで飲んだのだが、こっ、これが。キッ!キクゥ〜〜!
 部屋に帰って来ても、体の火照りが止まらない!
 顔は真っ赤で、汗がダクダク。
 おまけに、アソコがビンビン!もうそりゃ大変!
 こんなの久しぶり(笑)。
 困っちゃったなぁ。まるで高校生の時のようにカチンカチンのビクンビクン(笑)。
 
 でも、ちょっと嬉しいかも(ムフフ)。
 寝る前のお楽しみが出来ちゃった(爆笑)。
 
15
(水)
 居酒屋で秋刀魚のマリネを食べた。
 ひょっとしたら生まれて初めてかも。
 マリネって、なんでもマリネにできるけど、秋刀魚は、たぶん初めて。
 味は…まあまあ(笑)。
 って言うか、生臭くは無かったけど不思議な食感。
 でも、ちょっと秋刀魚の油がキツかったかも。
 60点かな。
 今日は、他にも、秋刀魚の背骨の揚げチップスや、燻製に、刺身と、秋刀魚三昧。
 でも、不思議と飽きなかった。
 旬の成せる技?
 
14
(火)
 マンジュシャゲ(彼岸花)をジッと見ていると、不思議な気持ちになる。
 燃え上がる炎に似たその花が、私を淫靡な気持ちへと誘うからだ。
 しかし、これは罰当たりな感覚なのかもしれません。
 なぜなら彼岸花なのですから…。
 しかし、淫靡と言っても、それはけっして私を勃起させない淫靡さ。
 男性諸君は理解してくれると思いますが、精神的な淫靡さなのです。
 でも、これは説明が難しい。
 なぜなら、180度違う気持ちをいだく方もいらっしゃるだろうからです。
 結局、主観に過ぎなくなる。
 ならば、私は自ら湧き出た言葉を語ればよいだけ。
 では、言いましょう。
 マンジュシャゲは淫靡だ。
 はは。
 でも、だからどうしたと言う声が聞こえそう(笑)。
  
13
(月)
 友人夫婦からディナーのご招待。
 場所は、最近、ある女性雑誌で取り扱われ、有名になって残念な(笑)、小洒落た洋食屋さん。
 といっても、住宅街にある40人も入れば一杯になってしまう、自宅を改造した小さなお店。

 今日は、貸切。
 近所にいる友人の友達と、友人の妻の友達が、ガヤガヤと集まってのディナー…いや。宴会(笑)。
 実は、今日は、友人と友人の妻が初めて出合った日。
 友人の妻は私の学生時代のサークルの後輩。
 学園祭の打ち合わせに友人を私のサークルに誘った時が、未来の妻との初顔合わせ。
 つまり、私がキューピット(笑)。
 
 経緯はともかく(笑)、今晩は楽しかったし、美味しかった。
 …でも、シェフご自慢の梨のタルトはちょっといただけなかったかな。
 いや。それは言うまい(笑)。

 帰りぎは、シェフ手作りのハムとソーセージをもらい、今、上機嫌。
 で。今、そのソーセージを頬張っています。
 上手い!
 こんなにジューシーな感じのソーセージは久しぶり。
 うぅ〜ん。これじゃ、梨のタルトの失敗は相殺されちゃったかな?
 はは。
 
12
)
 彼岸花が目に飛び込んできた。
 いつもの土手に毎年咲く花。
 今年も半畳ほどの広さに群生していた。
 ふと。何かが違うと気がついた。
 そうか、蝉の音が終っていたんだね。
 今日の散歩は気分が良い。
 秋の風がTシャツの汗を冷やしてくれたからだ。
 八百屋の前を通ると、みずみずしい巨峰が。
 と。財布を忘れたのを悔やむ。
 急ぎ部屋に戻り、自転車で八百屋へ。
 ワクワクと手に入れたその巨峰は、しかし、直ぐに食べるのをグッとがまんして、冷蔵庫に。
 そして、今、冷えたそれを頬張りながらのDiary。
 幸せ(笑)。
 
11
(土)
 午後にリピーターの方からメールあり。
 すぐに会いたいとの事で、急ぎ部屋を出て、彼女の待つシティホテルへ。
 
 彼女とは久しぶり。およそ一年近く会っていなかった方。
 彼女は女社長さん。
 しかし、どうやらそのビジネスは順調なご様子。
 それは、会った時の彼女の顔でわかりました。
 ホテル内時間は、彼女の都合で2時間半と短かかったのは残念でしたが、とても充実した施術をする事ができ、満足。
 ラストはお互い中距離ランナーのように息を荒げていました(笑)。
 お約束ですが、彼女への施術内容等は、プライバシー保護のために、その一切をお話できません。あしからず。

 施術後、また会う約束をしていただき、ホテルの外へ。
 二人を迎えてくれた秋の乾いた風は、やたらと気持ちよかった。
 と。彼女は何を思ったか、道端で私にキス!
 会えて幸せ!と言ってくれた。
 感激しちゃった(笑)。
 
 ルンルン♪
 
10
(金)
 あは(笑)。飲んじゃった。

 だからダイアリーもこれまで。
 失敬。
 でも、明日を期待しててね。
 なぁ〜んてね(笑)。
 
 ともかく、みなさまおやすみなさぁ〜い。
 

(木)
 気が付いたら、エアコン使ってなかった。
 秋だったんだね(笑)。
 さすがに窓を閉め切るのは無理だけど、エアコンを使用していないと、何かうれしい。
 いや。経済的だからという意味じゃなくて、気分的にうれしい。
 外から聞こえる鈴虫やコオロギの音も、何かホッとしている(笑)。
 今夜は集中して読書ができそう。
 読みかけの難解な奴にチャレンジしてみようかな。
 何か、そんな気が湧いてきた。
 読みながら、いつのまにか静かに寝させてくれそうな夜。
 
 今日から、秋。
 私的に、そんな感じ。
 

(水)
 こういうインドのような弱い相手の時って、大怪我が怖いんだよね。
 相手の気が荒れて、よけいなタックルをしてくる時が多い。
 川口が倒れた時は、ひやっとしたぜ。まったく。
 もう6年前?になるだろうか。
 相手国名は忘れちゃったけれど、サッカーレベルの低いアジアの代表と試合をした時に、小野が相手のタックルを受けて、左膝十字靭帯を断絶しちゃった事があった。
 なにか、その時がデジャブしちゃったよ。今夜の川口の時には。
 でも、何事もなくてよかった。ホント。
 もっとも、停電というハプニングはあったけどね(笑)。
 
 でも、オリンピックの熱狂が終った後の、代表戦て良いね。
 なにか。祭りの後の孤独を埋めてくれるよう。
 でも、相手が弱すぎて、充分に埋めきれなかったかな?(笑)。
 

(火)
 やってくれるよ台風君。
 午前中にびしょ濡れにされ、午後にびしょ濡れにされ、夜にびしょ濡れにされた。
 こんなの初めて。
 お陰で風邪を引きそう。
 でも、正直大変だったけど。本音は楽しかった。
 だって、まるでコントみたい(笑)。
 しかし、今年は台風の当たり年で、これからも何個か上陸する確立が高いとの事。
 
 でも、今日のような事は、もうコリゴリ(笑)。
 

(月)
 昨日のリピーターの彼女からメールあり。
 内容は、昨日の私の施術への絶賛でした。
 しかし、私にはちょっと誉めすぎの感があり、読んでいてかえって照れちゃった(笑)。
 でも、高い評価をいただき、とてもありがたかったです。
 彼女がこのDiaryを読んでおられましたら、改めて謝辞を述べさせていただきます。
 ありがとうございました。
 これからもよろしくね(笑)。
 はは。
 
 私のエステは、つねに成長しています。
 昨日の彼女にも、前回よりも凄さが増したと言われました。
 それは、自分でも実感する事実。
 しかし、気取った言葉ですが、つねに試行錯誤を重ね、成長して行く私のエステに、完成は見えません。
 これは本音です。
 なぜなら、施術をすればするほど、女性の身体への謎に突き当たるからです。
 それほどに、女性の性感開発は難しい。

 思うに、技の極みを得ると言う事は、武道に似ているのかも知れません。
 今に答えを得られ無い。
 その事は、ここでは言いませんが、武道の真理と同じ。
 ならば、私が満足しないのは当たり前。
 しかし、それゆえに、楽しい。
 なぜなら、そのおかげで、女性の体に興味を失う事がないからです。
 
 うん。
 

 

)
 午前中に、リピーターの方から今日会いたいとのメールあり。
 そのため、暇つぶしに磯釣りをしようとしていたのを止め、施術を承る事に。
 彼女とは、約4ヶ月ぶり。
 見ると、おどろいた事に真っ黒に日焼けされていた。
 聞けば、今年から始めたサーフィンで焼けたと言われる。
 しっ、しかし、彼女は子を持つ母。
 いや。カッコいいママじゃん!尊敬しちゃった(笑)。

 ホテル内時間は、6時間。
 物凄く濃密な6時間でした。
 実は、これだけ長時間になったのには訳があります。
 が、しかし、いつもの事ですが、彼女のプライバシー保護のため、その一切をお話できません。
 ご了承くださいませ。
 ただ、彼女からリクエストされた、ある刺激的なプレイに挑戦させていただいたから…。
 とだけ、言わさせていただきます(汗)。
 
 しかし、ホテルを出た時は、お互いに放心状態(笑)。
 曇天の中、二人とも一言も口を利かずに、ゾンビのような足取りで駅へと向かいました。
 と。ホームでお互いにそれに気付き、指差しあって大笑い。
 おそらく、他人から見たら、何を大笑いしているのかと、いぶかられた事でしょう。
 しかし、その笑いの理由を聞いたらもっと驚かれたに違いありません(笑)。
 
 それにしても、帰って来て、このDiaryを書いている今は、未だに魂を抜かれた状態。
 はは。
 でも、それは、今日の私のエステが、彼女に、充分な満足を与えられた証拠。
 ゆえに本懐です。
 
 ああ。そう思うと、私に、これからも悩める女性たちのために頑張ろうという気力が湧いてくる。
 でも、それはうれしく、かつ、もっともな事。
 なぜなら、それこそが私の存在理由なのですから。

 ね。
 

(土)
 前の道路が大工事中。
 で、工事の無い夜は静かぁ〜〜。
 車が来ないと、地球の音が消えたかのような静けさだ。
 良い。良いねぇ〜これって。凄く良い。
 不便だけど、後一週間くらい工事してくれないかな(笑)。
 何か落ち着く。
 それに、緊張が解けたような感じ。
 
 普段は車が気になって、道路のセンターなんて歩けた事などなかったから、さっきふざけて、ド真ん中を歩いてやった(笑)。
 はは。
 
 しかし、人間て、日常のちょっとした変化に、こんなにも驚くものなのね…。
 
 ルンルン♪
 

(金)
 よく私の部屋に遊びに来ていたメス猫が来なくなってから、1ヶ月が過ぎた。
 今年の春にフラッと私の部屋を尋ねて来てからの、およそ3ヶ月ほどの付き合いだったが、仲良くなれていただけに、いなくなると寂しい。
 いや。かなり寂しい…。
 最近、彼女の夢まで見るほどだ。
 その猫は、主人に捨てられたであろう猫。
 なぜなら、野良猫と違って、清潔な毛並みだったし、人好きな感じだったからだ。
 それにしても、彼女は私から離れて何処へいったのやら。
 しゃくだけれど、彼女を好きになってしまったおかげで、心配でならない。
 もっとも、その猫が居なくなったのは、私を嫌いになったからなのかも?
 なにしろ、彼女が来ると、よく撫で回していたからだ(笑)。
 猫は、触られ過ぎるのが嫌いなのを知っていて、そうしていた。
 これじゃ嫌われて当然かな?
 ちょっと反省。
 しかし、彼女が何処へ行こうとも、彼女の幸せを心から願わずにいられない。
 だって、いとおしいのですもの。
 
 去っていったメス猫の幸せを請う。
 しかし、掃除機をかけると、たまに見つける彼女の抜け毛が、私を孤独へと引き込む…。
 
 ええい!気合だぁ〜〜!!
 って、叫ぶしかないね(笑)。
 

(木)
 
 ごめんなさい。
 飲み仲間にショットバーに連れて行かれ、ストレートのバーボンに止めを刺され、今、ヘロヘロです(笑)。
 ゆえに、これまで。
 おやすみなさぁ〜い。

 クックゥ〜♪
 

(水)

 待っていられなかったのね。
 今夜は熱帯夜なのに、秋の虫の音がリンリンとひきもきならない。
 たぶん、時が来た虫達の理として、自らの彼女を手に入れるまでの愛の演奏会には、この程度の気温など関係無いのでしょう。
 と言う事は、虫達は、子孫を育む時が来たら、何があろうと世界の中心で愛を叫ぶのね?(笑)。
 
 しかし、これだけ湿度の高い暑い夜だと、せっかくの秋の虫の音は、人間達には湿って聞こえてしまう。
 なんだか籠もった音に聞こえてしまうのです。
 これでは、メスの虫達もオス達に魅力を感じないのでは?
 だって本来は秋の低湿度使用の音色なのですからね。
 って。私、虫じゃ無いからわかりましぇ〜〜ん(笑)。

 でも、夏大好きの私が、こうなったら、真性の秋の音が本気で聴きたくなって来ちゃった。
 
 はは強欲な私。
 

inserted by FC2 system