2011年01月

SUN. MON. TUE. WED. THU. FRI. SAT.

 





1

2
3
 
4
5
 
6
7
8
9
10

 
11
12
13
 
14
15
16
17
18 19
20
21
22
23
 
24
 
25
26
27
28
29

30










21日
 君は昨夜の満月を見たか。
 大寒の夜空にシンと音を立てて浮かぶ月。
 鋭利なナイフで空を切り裂いたようにシャープに光るアマミツツキを。

 当たり前だが、この時期の月光は一年で一番明るく、そして強い。
 なぜなら、さえぎる大気を凍りつかせ、光を迷わせないからだ。

 私は今、シンと音を立てて浮かぶ月と書いた。
 しかし、私にはそう聞こえた。
 その姿を見た瞬間、そう聞こえたのだ。
 冷たい空気の塊のなかに頭を突っ込み、そのシャープに光る月を見た瞬間、それはシンと響いた。

 ああ。極寒の快楽。
 昨夜の酒のつまみには、45億年の味がした。
 
15日
 寒梅にメジロがやってくる時期。
 でも、その寒梅もメジロも数日前に同時にベランダから見ることはできたのだが、メジロが寒梅を啄ばむ姿はまだ見れていない。
 私が見たメジロは寒梅から離れた百日紅へと飛ぶ姿だった。
 もちろん。その時じっと梅にメジロが来るのを待っていれば、やがてその姿を見ることはできたのかもしれない。
 しかし、その日はそれが面倒で諦めてしまった。
 そして今日。
 今日は暇な日。出かける予定が潰れてポッカリと空いてしまった日。
 そこで今日は部屋でゴロゴロしながら時々ベランダに出てメジロを待つことにした。 
 はたしてメジロ君は寒梅の蜜を尋ねてくれるのか否か♪
 
04日

 女性の皆様。明けましておめでとうございます。
 今年も、ますますの御贔屓を、宜しくお願いします。
 私も、あなたの喜びのために、例年にも増して頑張ります。
 ご期待ください♪

 えと。たぶんですが、初夢に富士山を見たような気がします(笑)。
 記憶違いでなければ、今年は何か良いことがあるかも?です。
 
 ルン♪


inserted by FC2 system