2012年03月

SUN. MON. TUE. WED. THU. FRI. SAT.

 




2

3
4
5
 
6
7
 
8 9
10
11
12
 
13
14
15 16 17

18
19
20 21
22
23
24

25
 
26
 
27
28
29
30
31

 01日
 (木)

 春のドカ雪から一夜。

 しかし雪は、それ自身の湿気の重みと今朝の暖かさで、そのほとんどが屋根から落ちてしまった。
 ちょっともったいないけれど、せっかくの美しい白装束は、一夜で脱ぎ捨てられてしまったのである。

 「春の雪の翌日は、裸で洗濯をしろ。」

 と、気象予報士の森田さんが、天気の言い伝えを昨日教えてくれた。
 どうやら昨日の大雪は、冬の低気圧と春の高気圧との喧嘩で生まれたもので、それが去ると地上は春の高気圧に覆われるために暖かくなるとの事。
 つまり昨日の雪は、今朝、消えるべくして消えたのである。
 
 そんな昨日。
 はたして、2・26事件のことを思った日本人がどれだけいただろうか。
 …なぁ〜んて格好つけて飲み屋で話す親父たちの顔を思い浮かべる(笑)。
 でも、最近の中国のきな臭さを知れば知るほど、そんな過去を思い出すのもしかたがないだろうなぁ。とも思う。

 うるう年の29日に降った大雪。
 4年に一度の日に、それ以上の久しぶりに降った雪。
 ただの気象現象なのに、不思議な予兆を感じてしまう私は、変なのでしょうか。


inserted by FC2 system