2012年08月

SUN. MON. TUE. WED. THU. FRI. SAT.

 


1
2
3
4
5
6
 
7
8
 
9
10
11
12
13
 
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

24

25
26
 
27
 
28

29 30
31

 01日
 (
 
 真夏の満月。
 今宵の天には、さあ夏を楽しめ。と言いたいばかりのアマミツツキが輝いている。
 私が老眼じゃなかったら本を読めるほどの明るさだ。
 台風が来ている四国九州方面の方には申し訳ないが、猛暑の関東には、笑顔で月が輝いていらっしゃる。
 
 満月の夜は地球の生物を狂わせる。
 おそらく地上では、多くの男女が浜辺や車内でセックスしている事だろう。
 そして、多くの少年少女が、初めてのキスをしている事だろう。
 しかし、多くの男と女が、そんな奴らに嫉妬している事だろう(笑)。
 
 私はというと、満月を肴にそんな妄想と酒を楽しむ♪
 
 ああ満月よ。太古の日本人は、こんなこの夜に何を思うのか?
 私の様な馬鹿はともかく、いや…私の様な馬鹿もいたのだろうか?
 いや。いたに違いない(笑)。
 だとしたら、今夜、私はそいつと語り合おう!

 …そして月の下に酔いつぶれるつもりです。
 朝目覚めたら、全身蚊に食われている私がそこにいるに違いない(笑)。
 まっ。それも良し。

 ケェ〜セラァ〜セラァ〜♪
 

inserted by FC2 system