2014年03月

SUN. MON. TUE. WED. THU. FRI. SAT.

 





1
2
3  4
5
 
6
7
8
9 10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
 
25
26
27
28
29
30
31








21日
 
 彼岸の朝を酔いつぶれて迎えてしまった(笑)

 それにしてもの、暑さ寒さも彼岸まで。

 空は高さを失い。空気に乾きを失い。風に刺す力は失った。

 空は暖かさを戻し。空気は湿り気を戻し。風は柔らかさを戻してくれた。

 モズはそろそろ帰宅の用意を始め。カモも北への進路を確認し始めた。

 燕が、田畑に向かう準備を始め。ヒバリは田植え前の田に囀る。

 灰色の山々は、今、その木々の芽を膨らましている。

 梅は散り。メジロは他の花を求め散った。

 桜は、山々の芽よりも早く咲く。

 桜は山々の先陣を切って春を歌うのだ。

 だから山に映える。

 桜は春の雄叫びなのだ。

 酔いつぶれて目覚めて、しかし、心は春に喜んでいる。

 二日酔いしてる場合じゃない(笑)。

 ありがとうご先祖様…。



 

inserted by FC2 system